妊娠を防ぐ薬|ICSIで待望の赤子を授かれる|二人の愛の結晶
ナース

ICSIで待望の赤子を授かれる|二人の愛の結晶

妊娠を防ぐ薬

錠剤

飲み忘れを防止する

まだ子供が欲しくない場合には、ピルを服用すると、望まない妊娠を防げます。ピルは、大阪などの産婦人科の病院で、誰でも処方してもらうことができます。ピルは、コンドームよりも避妊効果が高く、正しく服用すれば、ほぼ確実に避妊ができるというメリットがあります。ピルは、毎日一回服用することで、避妊効果を得ることができ、飲み忘れを防止するために、朝食の後など、毎日決まった時間に飲む工夫をすると安心です。ピルを飲むと排卵が抑制されるので、毎月の生理もこなくなるため、生理痛が重かったり、生理不順などの症状が改善されるというメリットもあります。排卵痛や、月経前症候群などの症状を、防ぐこともできます。

種類と効果の違い

ピルは医師の処方の必要な薬なので、大阪などの産婦人科を受診する必要があります。大阪にある、ピルを処方している産婦人科医院は、インターネットでも探すことができます。大阪の産婦人科医院で、処方してもらえるピルには、低用量ピルと、緊急避妊薬があります。低用量ピルには、女性ホルモンが含まれていて、毎日定期的に服用することで、排卵を抑制して、妊娠しなくなる効果があります。緊急避妊薬は、避妊に失敗した場合に、性交渉の後から服用できる薬です。緊急避妊薬は、性行為の後の72時間以内に服用する必要があり、排卵を遅らせたり、子宮への受精卵の着床を防ぐ効果があります。緊急避妊薬は、効果が100パーセントではなく、吐き気などの副作用がある場合もあります。