医者たち

ICSIで待望の赤子を授かれる|二人の愛の結晶

不妊治療の方法

院内

顕微授精

顕微授精はICSI(イクシー)とも言い、不妊治療のひとつの手段です。正式名称は卵細胞室内精子注入法です。ICSIは体外受精と比べて受精率が高いと言われています。精子と卵子を受精させた後、子宮へ戻すという点では、体外受精とほとんど同じ流れです。ですが、精子と卵子を体外で受精させる際に取る方法が違うのです。卵子を精子にふりかけて受精させる方法は、コンベンショナル体外受精と呼ばれ、最も基本的な方法です。これに対し、ICSIは顕微鏡を見ながら、ピペットを使って卵子に針を刺し、直接精子を注入するという方法で受精を行ないます。受精率は約70%ですが、妊娠するかは別の問題となるので注意が必要です。女性の年齢が上がるほど、妊娠できる確率も下がります。

顕微授精の費用を工夫する

不妊治療には保険が適用されないのです。ICSIの費用は病院や、処置内容により異なりますが、1回あたり、およそ30〜50万円ほどかかるとされています。体外受精に比べて値段が高くなりますが、これは顕微受精の工程自体にだいたい6〜8万円の費用がかかってしまうからなのです。受精卵が出来上がるまでに複数回行われることも多いので、金額が高くなってしまいます。場合によっては100万円近くになってしまうこともあります。治療を受ける前に婦人科で具体的な金額を確認すると良いでしょう。また、ICSIは保険は適用されないのですが、国や自治体から助成金が支給される可能性もあるのです。夫婦の合算年収や女性の年齢、在住年数などの条件を満たした場合に助成金を受け取ることができます。

病院

病院の選び方

自分が外せないチェック項目をいくつか用意しておくことが、川崎での産婦人科選びには必要です。立地に関してや入院に関して、分娩方法などホームページに掲載されている場合もありますから、よく確認しておきましょう。病院によっては見学が出来る場合もあります。設備を見たり、質問したりできる良い機会なので、病院探しに役立ちます。

おすすめリンク

  • 医療法人オーク会

    色々な情報を調べておくことができるので、体外受精を大阪で利用したいと考えているならサイトを拝見してみるといいです。
錠剤

妊娠を防ぐ薬

ピルは、妊娠を防ぐ避妊薬で、大阪などの産婦人科医院で処方してもらえます。毎日一回服用する必要があり、飲み忘れを防止するために、決まった時間に飲む工夫をすると安心です。ピルには種類があり、排卵を抑制する低用量ピルと、避妊に失敗した後に着床を防ぐ、緊急避妊薬があります。

ウーマン

妊娠しやすい体にしたい

妊活には日々の生活習慣改善も大切ですが、妊活サプリの摂取により妊娠の可能性が高くなる体作りも必要です。妊活サプリの主な成分は、葉酸、鉄分、ビタミン、亜鉛、マカ等です。妊活サプリは様々な製品が販売されていますので自分が何を重視するのか考えて選択して下さい。